Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AVTOKYO2011が11月に開催 - 「標的型攻撃」など話題のテーマをプレゼン

情報セキュリティイベント「AVTOKYO2011」が、東京渋谷で11月12日に開催される。

同イベントは、セキュリティコミュニティ「AVTOKYO」が主催するセキュリティカンファレンス。2008年より開催されており2011年で4回目を迎える。

国内外のゲストスピーカーによる「標的型攻撃」「APT」「サイバー犯罪」「Android」「Facebook」「SQLインジェクション」といったテーマのプレゼンテーションのほか、パネルディスカッションや研究発表なども予定されている。

会場は「クラブアクシス渋谷」。同イベントでは参加登録を受け付けており、参加費は前売りが5000円、当日8000円。またベンダーフリーの立場で開催し、参加費抑えることを目的に、個人スポンサープログラムを開始しており、登録を募集している。

(Security NEXT - 2011/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは