Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AVTOKYO2011が11月に開催 - 「標的型攻撃」など話題のテーマをプレゼン

情報セキュリティイベント「AVTOKYO2011」が、東京渋谷で11月12日に開催される。

同イベントは、セキュリティコミュニティ「AVTOKYO」が主催するセキュリティカンファレンス。2008年より開催されており2011年で4回目を迎える。

国内外のゲストスピーカーによる「標的型攻撃」「APT」「サイバー犯罪」「Android」「Facebook」「SQLインジェクション」といったテーマのプレゼンテーションのほか、パネルディスカッションや研究発表なども予定されている。

会場は「クラブアクシス渋谷」。同イベントでは参加登録を受け付けており、参加費は前売りが5000円、当日8000円。またベンダーフリーの立場で開催し、参加費抑えることを目的に、個人スポンサープログラムを開始しており、登録を募集している。

(Security NEXT - 2011/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL