Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、モバイル管理ソリューションを発売 - iOSに対応、Android版も開発中

シマンテックは、スマートフォンやタブレット端末の総合管理を実現するセキュリティソリューション「Symantec Mobile Management 7.1」を発表した。11月21日より販売し、価格は端末あたり8090円。

111021sy_01.jpg
石崎健一郎氏

同製品は、企業におけるモバイルデバイスの統合管理を実現する管理ソリューション。マルチプラットフォームに対応しており、同バージョンより「iOS」のエージェントアプリを提供する。

「Android」は、「Exchange ActiveSync」により資産やデバイス構成の管理に対応しているが、ソフトウェア管理などに対応するためのエージェントアプリは準備を進めている。

「iOS」では、専用エージェントにより、詳細な端末情報の収集や管理を実現した。管理コンソールでプロファイルを設定し、ユーザーへ配布することでパスワード設定をはじめとするセキュリティポリシーの適用が可能。

111021sy_02.jpg
プラットフォームの対応状況

VPNやWi-Fi接続といったネットワーク設定やアプリケーションの利用制限などを実現。時間によって利用できるアプリを制限するといったスクリプトを組むことも可能。

業務効率化に役立つアプリケーションの利用を推奨したり、コンテンツの配布機能を提供する。さらにリモートによるロック、ワイプに対応しており、業務上の情報に限定したデータ消去も可能。

111021sy_03.jpg
おもな機能

セキュリティポリシーの配布は、プッシュによる配信にも対応している。アプリケーションのアップデート状況や不正に管理者権限を取得した端末を識別し、アクセス制限を行える。

同社マーケティング本部長の石崎健一郎氏は、「従来は業務用スマートフォンの出荷台数を意識していたが、私物解禁に伴い、今後は2000万台の端末がターゲットになる」と市場動向を説明。

海外ではすでに「BYOD(Bring Your Own Device)」の動きが拡大しているが、今後日本でも同様のニーズが高まるとして同ソリューションを展開していく。

すでに同社においても数百台単位でパイロット導入されており、米Symantec CEOのEnrique Salem氏も自ら持ち込んだiPadを業務に活用しているという。

(Security NEXT - 2011/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション
PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
日本HP、BIOS保護やウェブ経由のマルウェア感染対策など新機能 - 覗き見防止機能も
ヤフー、携帯電話のSMSを活用したログイン認証を順次導入 - 従来パスワードは不要に
「Androidアプリのセキュアコーディングガイド」に最新英語版