Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エリアビイジャパン、スマホから業務システムへの安全な通信を実現するソリューション

エリアビイジャパンは、スマートフォンから組織内のシステムへアクセスを実現する法人向けソリューション「SWANStor SMART」を提供開始した。

同製品は、スマートフォンや携帯電話を利用して、社外から業務システムへのアクセスやデータの閲覧、編集などを可能にするソリューション。当初は「iPhone」や「iPad」向けに提供し、年内をめどに「Android」にも対応する。

アクセスできる端末を登録した端末に限定し、「アイデンティティアクセス管理機能」によりグループやユーザーごとにアクセス権限が設定することが可能。

端末個体を識別してユーザーを自動認証することで、パスワードの入力が省略できるほか、閲覧した社内データの端末保存を制御する「ファイルダウンロード制御機能」などを提供する。価格は、20ユーザーあたり20万9457円から。

(Security NEXT - 2011/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」