Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

予約サイトの更新作業ミスで顧客情報が他社ホテルに - ビジネスホテル会社

関東近郊でビジネスホテルを運営するホテルマークワンは、予約データ3件が、他社のホテル124店に流出したことを明らかにした。

10月12日に、同社予約サイトの運営を委託しているナバックにおいてサイトのバージョンアップ作業中に操作ミスがあり、つくば研究学園店を予約した顧客3件の情報が他社ホテル124店に流出したという。

対象となる顧客や流出先のホテルから指摘を受けて判明したもので、プログラムを修正し、流出先に情報の削除を依頼するとともに、顧客への説明と謝罪を行った。

同社では予約サイトを休止。ナバックが監督官庁へ事態を報告し、同社より再発防止策の提出が完了次第、再開するとしている。

(Security NEXT - 2011/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
食品安全イベントの案内メールで誤送信 - 富山県
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
新規物件情報メールを誤送信 - 神奈川の不動産会社
顧客の個人情報含むファイルを誤ってメールに添付 - エコランド
顧客のメアド含むファイルを誤ってメールに添付 - ブランディア
会員のメールアドレスリストを誤送信 - 医療人材紹介会社