Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、データベースファイアウォールの日本語版を発売

日本オラクルは、データベースに対する不正な命令を遮断するデータベースファイアウォール「Oracle Database Firewall」の日本語版を11月9日より提供開始する。

同製品は、アプリケーションサーバとデータベース間で動作してSQLコマンドを解析、データベースサーバに対する不正なSQLコマンドの実行を阻止するデータベースファイアウォール。既存のデータベースを変更することなく利用できる。

管理者は、実行されたSQLコマンドからホワイトリストを作成することが可能。ブラックリストの作成にも対応している。また日時や曜日、ネットワークによる制御が可能。SQLインジェクションといったインターネット経由の攻撃だけでなく、内部関係者の不正操作を排除できる。

さらにSQLコマンドのログを収集し、不正発見時に監視システムへアラートを出すことが可能。問題の究明などに利用できる。価格は、マネジメントサーバが625万円。別途データベースサーバごとに54万3500円が必要。

(Security NEXT - 2011/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
「Adobe Connect」に認証回避のおそれ
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
「Spring Data Commons」脆弱性、PoCで悪用容易 - 「Spring Framework」利用者は注意を
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に