Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸デジタル・ラボ、Androidアプリの脆弱性診断サービスを提供

神戸デジタル・ラボは、Android端末向けセキュリティ診断サービス「ProactiveDefense for Android」を、10月24日から提供開始する。

同サービスは、Android向けサービスの提供企業やアプリのユーザーを対象に、アプリの脆弱性診断を提供するもので、ウェブサイト向け診断サービスで得たノウハウをベースに開発した。

サービスメニューに3種類を用意。「Android端末一括診断」では、Androidサービス提供者向けにアプリとサーバの脆弱性診断を実施。「Androidアプリ提供診断」は、サーバと通信しないアプリを対象に脆弱性診断を行う。両サービスともソースコード診断を含まれる。

また、組織において従業員が利用するアプリの脆弱性診断を行う「Androidアプリ利用診断」を用意。ソースコード診断は含まない。

料金は、「Android端末一括診断」が90万円、「Androidアプリ提供診断」が80万円、「Androidアプリ利用診断」が60万円から提供する。

(Security NEXT - 2011/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも