Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃の従業員教育92%が実施、報告規定整備されず - 民間4000社調査

警察庁は、民間事業者4000社と推進する「サイバーインテリジェント情報共有ネットワーク」における4月から9月にかけてのセキュリティ対策状況について明らかにした。

セキュリティ対策ソフトの導入率は100%で、約92%の事業者が週に1回以上のフルスキャンを実施していた。また95%の企業が不正な接続先と通信していないか調査するために通信記録を保存していたという。

期間中に調査対象からあわせて約890件の標的型攻撃が見つかっているが、標的型攻撃対策について、92%の事業者で従業員教育を実施していた。一方で不審メールの報告を規定する企業は約16%と少ない。

また対策が遅れている事業者が標的になり、盗まれたメールの情報が、標的型攻撃に利用されていたことが判明している。

(Security NEXT - 2011/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害
2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増
J-CSIPによる標的型攻撃の共有数がゼロに - 巧妙化による「検知逃れ」の可能性も
2016年のDLP市場は56億円 - プラス成長確保も伸び悩み