Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末認証サービスのオプションが「iOS 5」に対応 - サイバートラスト

サイバートラストは、同社端末認証サービス「サイバートラスト デバイスID」のオプション「Over-The-Air Enrollment for iPhone and iPad」を、Appleのモバイル端末向けOSの最新版「iOS 5」に対応させた。

「サイバートラスト デバイスID」は、ウェブアクセスやリモートアクセス、無線LANなどデバイス認証用の証明書を発行管理できるサービス。

オプション「Over-The-Air Enrollment for iPhone and iPad」を利用することにより、iPhoneの端末固有情報である「IMEI」または「UDID」を確認してiPhone内で鍵を生成。デバイス証明書を登録できる。

また同オプションは、デバイス証明書の登録にくわえ、iPhoneのパスワード設定、VPN設定、無線LAN設定、アプリケーション制御設定などを行う構成プロファイルを同時に登録できる。

(Security NEXT - 2011/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
Apple、「iOS 11.1」をリリース - 「KRACK」や「Siri」関連など脆弱性20件を修正
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
スマホからのファックス送信依頼を装ったマルウェアメール
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
身に覚えのないiPhoneアプリ請求書に注意 - 「支払いキャンセル」の先は偽サイト
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
Apple、「iOS 10.2」をリリース - 12件の脆弱性を修正
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査