Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターコム、自動検出した個人情報を一元管理するソリューションを発表

インターコムは、KLabの個人情報検出ツール「P-Pointer」で検出した個人情報を一元管理するソリューション「MaLion個人情報検出・管理システム」を開発し、2011年度内に発売すると発表した。

同製品は、情報漏洩対策および資産管理を行う同社の「MaLion 3」と、KLabの個人情報検出ツール「P-Pointer」を連携させたソリューション。「P-Pointer」が専用の個人情報検出ツールを作成、「MaLion 3」のファイル配付機能で全従業員のPCへ配付し実行する。

検出した個人情報に対しアクセス制限や警告メッセージの表示、アクセスログ取得などが可能なほか、検出結果をもとに個人情報管理台帳を作成して一元管理する。このほか、PC操作の監視やIT資産管理など「MaLion 3」の標準機能もそのまま利用できる。

(Security NEXT - 2011/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS