Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、外部通信するマルウェアの感染端末を特定できる新機能

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、組織のネットワークへ不正に侵入し、外部と通信するマルウェアへの対策に特化したソフトウェア「Anti-Bot SoftwareBlade」を発表した。

同製品は、同社セキュリティゲートウェイにおいて、必要に応じて機能を追加できる「ソフトウェアブレードアーキテクチャ」に対応したソフトウェア。

同社が独自に開発した検出エンジン「Multi-tier ThreatSpect」を搭載しており、ゲートウェイを通過するパケットについて、アクセス先のURLやIPアドレス、通信パターンなど解析。

不正サイトなど約2億5000万件のブラックリストや、約2000種類の疑わしいパターンがパケットに含まれないか検証して、感染端末を特定することができる。

マルウェアを検出した場合は、不正な通信の遮断や駆除を行うことが可能。ダッシュボード上に、情報漏洩など感染したマルウェアによる影響などを表示する。

また必要に応じてウイルス対策やURLフィルタリングなど他ソフトウェアと併用することが可能。併用により多層防御を実現できる。

(Security NEXT - 2011/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボットネット「Cutwail」、日本狙うメール攻撃に新展開 - 画像に命令埋め込む「ステガノグラフィ」を悪用
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも