Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立とノベル、指静脈認証を利用する認証管理システムを共同開発

日立製作所とノベルは、指静脈認証により複数システムのアクセス認証を一元管理できる製品を共同で開発した。10月14日より日立が販売を開始する。

今回開発した「指静脈 - Novell Access Manager連携システム」は、日立の指静脈認証管理システムと、複数システムの認証を一元化できるノベルの「Novell Access Manager」を連携させたソリューション。

「なりすまし」が難しい指静脈を本人の認証に利用。パスワードの設定などセキュリティ状況が異なる複数システムへのシングルサインオンなど、シンプルなアクセス環境を提供する。

日立では、同製品を金融機関、官公庁、自治体、製造業、流通業など中心に展開する計画。またノベルのアイデンティティ管理製品「Novell Identity Manager」を活用したシステムの開発なども進めるとしている。

(Security NEXT - 2011/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO