Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド対応、脆弱性モニター搭載した法人向け製品を発売 - カスペルスキー

カスペルスキーは、法人向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Endpoint Security 8 for Windows」「Kaspersky Security Center」を10月31日より発売する。

「Kaspersky Endpoint Security 8 for Windows」は、Windowsワークステーションやサーバを、マルウェアなどから保護するセキュリティ対策製品。「Kaspersky Security Center」により一元管理を実現している。

定義ファイルによるマルウェア対策にくわえ、ユーザーから収集した情報を活用して防御するクラウド技術「Kaspersky Security Network」を統合。マルウェアへの対応スピードの向上や誤検知の低下など改善した。

ファイアウォールとIPS機能を搭載。プリセットルールを250以上実装したほか、HTTPトラフィックのスキャン機能などを備えている。さらに使用するアプリケーションやデバイスのコントロール、ウェブフィルタリングについてコントロールすることができる。

また脆弱性スキャン機能をあらたに搭載しており、リアルタイムやオンデマンドの検査が可能。システムの問題点や、未適用のパッチ、OSやアプリケーションの更新状況などレポートを提供する。

(Security NEXT - 2011/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供