Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃の有無や被害状況を調査、対応支援する新サービス - FFR

フォティーンフォティ技術研究所(FFR)は、「標的型攻撃マルウェア検査サービス」を提供開始した。

111012ff_01.jpg
サービスイメージ(図:FFR)

同サービスは、組織の機密情報を盗み出す「標的型攻撃」に特化した対策サービス。標的型攻撃の検出用にチューニングしたエージェントを端末に配布して実行し、ログファイルやマルウェアの疑いがあるファイルを解析。ネットワーク内の感染状況を調査する。

感染していた場合は、マルウェアの挙動を分析し、被害状況について調べるほか、被害発生時は、対策の立案や外部への報告、発表など事後対応をサポートする。

(Security NEXT - 2011/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ