Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

44.1%のユーザーがスマホでプライバシー公開 - 20代は6割超

スマートフォン利用者の5割弱が、アプリやサービスを通じてなんらかのプライバシー情報を公開していることが、NTTレゾナントの調査により判明した。

同社調査サービス「gooリサーチ」の登録者で、スマートフォンを所有者を対象に、インターネット上でアンケート調査を実施したもの。有効回答は1573件。

同調査によれば、スマートフォン上で利用できるアプリやサービスにおいて、44.1%がなんらかのプライバシー情報を公開しているとの回答。「日常生活や趣味、仕事などの個人的な情報」が28.7%でもっとも多く、個人名が20.9%、位置情報が18.1%で続いた。

所有する端末で比較すると、「iPhone」所有者の公開割合は49.5%、Android所有者は38.2%で、iPhone所有者の方が割合が高かった。

(Security NEXT - 2011/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売