Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、スマートフォンのセキュリティ研究会を設置

総務省は、スマートフォンやクラウド利用におけるセキュリティ上の課題や対策について検討する「スマートフォン・クラウドセキュリティ研究会」を設置した。

同研究会は、個人や企業活動で活用が期待されるスマートフォンについて、マルウェア感染など従来の携帯電話と異なる問題が指摘されていることから、有識者を交えて課題について検討する。またスマートフォンと併用されるクラウドサービスについてもあわせて話し合う。

具体的には、セキュリティ上の課題をはじめ、現時点で実施済みの対策や今後導入すべき対策、利用者の意識向上を推進するために必要となる対策など検討する。

初回会合は10月19日を予定しており、政府関係者をはじめ、携帯電話キャリア、ハードウェアベンダー、セキュリティベンダーなど業界関係者、学術研究者といった有識者が参加。2012年6月に取りまとめを行う予定。

(Security NEXT - 2011/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作