Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ベリサインシール」が2012年4月に刷新、「ノートンセキュアドシール」へ

日本ベリサインは、同社SSLサーバ証明書などの利用者がウェブ上で掲載できる「ベリサインシール」を、2012年4月より「ノートンセキュアドシール」へ変更すると発表した。

111011ve_01.jpg
現行と移行後のシール

2010年8月に米VeriSignの認証事業が米Symantecへ譲渡されたことを受け、シールブランドを変更するもの。ベリサインマークのシンボルとなっている「チェックマーク」は引き続き利用され、「ノートンセキュアドシール」の下に「Powered by VeriSign」の文字が入る。

シールの変更は、全世界で一斉に実施するが、導入事業者における特別な作業は不要で、自動的に変更となる。

同社によれば、「ベリサインシール」はワールドワイドにおいて1日あたり6億5000万回表示されているという。同社では今回のブランド統合により、利用者へさらなる「安心感」の提供を目指す。

(Security NEXT - 2011/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト