Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、SSLサーバ証明書に脆弱性アセスメントサービスをバンドル

日本ベリサインは、同社SSLサーバ証明書へ「脆弱性アセスメント」サービスを、10月12日より無償でバンドルすると発表した。

同サービスは、公開しているウェブサイトやウェブアプリケーション、サーバソフト、ネットワークの脆弱性を自動的にスキャンし、ウェブサイトの脆弱性を特定するもので、脆弱性を2段階に分け、利用者にレポートする。

「再実行」のオプションが用意されており、脆弱性修正後にあらためて確認することが可能。また要望に応じて外部の攻撃から防ぐSaaS型WAF「Scutum」や、詳細な脆弱性診断を行なう「ベリサイン セキュリティ診断サービス」など既存サービスを展開する。

サービス対象は、「ベリサインマネージド PKI for SSL」の利用者。同サービスのコントロールセンターから設定し、利用することができる。またストアフロントでSSLサーバ証明書を利用している顧客に対しても順次展開する予定。

(Security NEXT - 2011/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
「EV SSL証明書」の半額キャンペーン - サイバートラスト
NEC、マイナンバーカードの活用を支援するソリューション