Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ITセキュア、サイトの改ざんを検知して自動修復するSaaS型サービス

日本ITセキュアは、ウェブサイトの改ざんを検知して自動修復を行うSaaS型サービス「SITE PATROL CLOUD」を、10月17日より提供開始する。

同サービスは、ウェブサイトへ定期的にアクセスしてHTMLファイルやCGIファイルの改ざんをチェックし、改ざん検知時に管理者へメールで通知したり、自動修復を行うSaaS型サービス。

静的HTMLの改ざん監視を提供する「エントリーパトロールプラン」は月額1万3440円。全ファイルの改ざん監視を行う「スタンダードパトロールプラン」は月額2万790円。

また月額3万1290円で全ファイルの改ざん監視にくわえ、自動修復も行う「エンタープライズリカバリープラン」も用意している。同社では、パートナー経由なども含め、今後1年間に200サイトの導入を目標に同サービスを展開する。

(Security NEXT - 2011/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能
改ざんや消去できない法執行機関向けボイスレコーダー - エルモ社
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト