Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検知数の半数が「WORM_DOWNAD」、被害報告数もトップに - トレンドまとめ

トレンドマイクロは、9月の国内外におけるマルウェアの検知状況を取りまとめた。「WORM_DOWNAD」が依然としてトップを占めたほか、「WORM_ANTINNY」も活発だった。

同社の不正プログラム検出ランキングでは、国内とワールドワイドともに、Windowsの脆弱性を悪用し、USBメモリでも感染を広げる「WORM_DOWNAD.AD」がトップ。特にワールドワイドでは検出数が突出しており、上位10種の合計のうち50%以上を占めている。

国内ランキングでは、アドウェアの「ADW_YABECTOR.SM」が2位、「ADW_REGCLEAN」が3位に新規ランクインし、「ADW_YABECTOR」が圏外から5位に入るなど、アドウェアの動きが活発。またファイル共有ソフト経由で感染を広げる「WORM_ANTINNY」の亜種3種が10位圏内に入っている。

感染被害報告数を見ると、1位は検出数と同じく「WORM_DOWNAD」だった。また3位には、感染すると不正サイトにアクセスしてボット型不正プログラム「TSPY_ZBOT」をダウンロードする「TROJ_CHEPVIL」が入った。

国内の不正プログラム検出状況は以下のとおり。

1位:WORM_DOWNAD.AD
2位:ADW_YABECTOR.SM
3位:ADW_REGCLEAN
4位:CRCK_KEYGEN
5位:ADW_YABECTOR
6位:WORM_ANTINNY.AI
7位:PE_PARITE.A
8位:Mal_Opet-3
9位:WORM_ANTINNY.JB
10位:WORM_ANTINNY.F

(Security NEXT - 2011/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱