Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジンテックら、IPアドレスの脅威度測定サービスを開始

ジンテックとポートサイドは、アクセス元のIPアドレスについて脅威度を測定する「IPアドレス鑑定団ASPサービス」を10月下旬より提供する。

同サービスは、ECサービス事業者向けに提供する不正利用検知サービス。ECサービス利用者の登録した住所内容とアクセス元IPの所在地について整合性を確認し、申し込みが不正なものであるか測定する。

同サービスでは、サイト上からIPアドレスを入力して判定できるほか、APIにより自動的にIPアドレスを判定することも可能。国別の脅威度をもとにIPによるフィルタリングを行うことも可能。

月額利用料は、1万件までの処理が10万円。超過分は従量課金となる。同社では、2011年度中に5社への導入を目指してサービスを展開する。

(Security NEXT - 2011/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント