Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秋田県のNPO支援サイトに不正アクセス - 情報流出確認されず

秋田県は、ボランティアやNPOの運営を支援するサイト「市民活動情報ネット」が不正アクセスを受けたとし、同サイトを一時停止している。

9月27日に不正アクセスが判明したもので、同県によれば、トップページの閲覧者をウイルスへ感染させる不正サイトへ誘導するため、プログラムを改ざんされたという。

同県では詳細を調べているが、攻撃を受けたものの、実際には不正サイトへの誘導は行われておらず、不正アクセスによる個人情報漏洩も確認されていないと説明している。

同県では、調査や安全確認の作業が終了次第、サイトを再開する予定。また同サイトは同県がNPOに運営を委託しているもので、同県公式サイトからは独立しており、公式サイトへの影響はないとしている。

(Security NEXT - 2011/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業