Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、PCやMacからAndroidまで所有する全マシンを保護できる新製品

110929ma_01.jpg
発表会に登壇したGebhart氏(左)と田中氏(右)

マカフィーは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの2012年版を発売した。パソコンからスマートフォンまで、台数に制限なくユーザーが所有するすべてのマシンで利用できる新製品が追加された。

最新版となる2012年版では、新機能としてクラウドベースの同社技術基盤「Global Threat Intelligence」と連携し、接続先の危険性を確認して情報の送受信を防止するファイアウォール「ネットガード」を搭載。

110929ma_02.jpg

USBドライブを接続した際に自動的に内部をスキャンする機能や、インストールするマシンがウイルスへ感染している場合に、あらかじめ駆除を行う「プリインストールスキャン」機能を備えている。上位製品では、暗号化機能や「サイトアドバイザーライブ」が利用できる。

ラインナップには、すべての機能を搭載したスイート「マカフィートータルプロテクション」をはじめ、「マカフィーインターネットセキュリティ」「マカフィーアンチウイルスプラス」といった台数ベースのライセンスを採用した従来製品にくわえ、新製品の「マカフィーオールアクセス」を追加した。

110929ma_03.jpg
「マカフィーオールアクセス」の導入例

「マカフィーオールアクセス」では、PCやMac、Android端末など所有するマシンを台数に制限なく利用できるユーザー数ベースのライセンスを採用。マシンの増加で煩雑化しやすいライセンス管理の負担を排除した。

製品発表会に登壇した米McAfeeの共同社長であるTodd Gebhart氏は、「ユーザーは強力な保護を求めているが、技術に詳しくなりたいわけではない」と指摘。ユーザー数ベースのライセンス方式について「ワンストップで解決できることがコンセプト。今後デフォルトになるだろう」と自信を見せた。

また1ユーザー版にくわえ、5ユーザー版を用意しており、マカフィー取締役常務執行役員の田中辰夫氏は、「5ユーザー版は家族利用はもちろん、SOHOでも導入しやすい」と新製品の魅力をアピールしている。

(Security NEXT - 2011/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース