Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特権ID管理システムを短期間で導入できるパッケージ - NTTソフト

NTTソフトウェアは、最短2カ月で特権ID管理システムを導入できる「CSLGuard Solutions for 特権ID管理スタートパック」を、10月3日より発売する。

同パックは、同社の特権ID管理システム製品「CSLGuard/ACTCenter」をベースに、運用方法や設計手法などをパッケージ化したもの。過去170システム以上の導入実績で得たノウハウを集約した。

特権IDの払い出しから利用停止までの一元管理、シングルサインオンとアクセス制御、特権ID利用状況の監査や定期的な自動パスワード変更など、内部統制やFISC安全対策基準で特権ID管理に求められる最重要項目をパッケージ化している。

価格はオープン。同社では今後3年間で15億円の売上げを目指すとしている。

(Security NEXT - 2011/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
2016年度のSaaS型認証管理サービス市場、前年比3割増
DIT、プログラムファイルに記載された特権IDやPWの漏洩防ぐ新製品
dit、特権アカウントの不正利用防止製品の新版
CyberArk製の特権アカウント監視製品を発売 - dit
「ManageEngine Password Manager Pro」に複数の脆弱性
特権ID管理の市場規模、2015年度は38億5000万円 - 前年度比12.9%増
NRIセキュア、特権IDアクセス管理ソリューションに新オプション
NSWとエンカレッジ、特権ID管理をクラウド提供