Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、セキュリティ対策ソフト「Internet Sagiwall」の関連事業を譲渡

セキュアブレインは、不正サイトを検知し、アクセスを防止するセキュリティ対策ソフト「Internet Sagiwall」の関連事業を、9月16日付けでBBソフトサービスへ譲渡した。

同ソフトは、ウェブブラウザ専用のセキュリティ対策ソフト。フィッシングサイトや改ざんサイトといった危険なウェブサイトへのアクセスをブロックする。

今回の譲渡にともない、ソフトウェアの使用許諾元、テクニカルサポート提供元が、BBソフトサービスへ変更となった。既存ユーザーは、継続してサービスを利用することができる。

事業譲渡後も、セキュアブレインでは同製品の検知エンジンの技術サポートについては、継続して提供するとしている。

(Security NEXT - 2011/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
日本海事協会ら、模擬船上機器システムにペネトレ実施 - 成果報告書
SNS業界団体や政府、啓発サイト「No Heart No SNS」オープン
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
テレワークのセキュリティに関する無料相談窓口 - 総務省
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT