Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、セキュリティ対策ソフト「Internet Sagiwall」の関連事業を譲渡

セキュアブレインは、不正サイトを検知し、アクセスを防止するセキュリティ対策ソフト「Internet Sagiwall」の関連事業を、9月16日付けでBBソフトサービスへ譲渡した。

同ソフトは、ウェブブラウザ専用のセキュリティ対策ソフト。フィッシングサイトや改ざんサイトといった危険なウェブサイトへのアクセスをブロックする。

今回の譲渡にともない、ソフトウェアの使用許諾元、テクニカルサポート提供元が、BBソフトサービスへ変更となった。既存ユーザーは、継続してサービスを利用することができる。

事業譲渡後も、セキュアブレインでは同製品の検知エンジンの技術サポートについては、継続して提供するとしている。

(Security NEXT - 2011/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
米McAfee、「CASB」のSkyhigh Networksを買収
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
Akamai、セキュリティ機能備えたDNSを展開する米Nominumを買収
総務省と経産省、データポータビリティに関する検討会 - 社会インフラ分野も含め議論
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割