Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、セキュリティ対策ソフト「Internet Sagiwall」の関連事業を譲渡

セキュアブレインは、不正サイトを検知し、アクセスを防止するセキュリティ対策ソフト「Internet Sagiwall」の関連事業を、9月16日付けでBBソフトサービスへ譲渡した。

同ソフトは、ウェブブラウザ専用のセキュリティ対策ソフト。フィッシングサイトや改ざんサイトといった危険なウェブサイトへのアクセスをブロックする。

今回の譲渡にともない、ソフトウェアの使用許諾元、テクニカルサポート提供元が、BBソフトサービスへ変更となった。既存ユーザーは、継続してサービスを利用することができる。

事業譲渡後も、セキュアブレインでは同製品の検知エンジンの技術サポートについては、継続して提供するとしている。

(Security NEXT - 2011/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
JNSA、「経営者のための情報セキュリティ対策」を公開 - 「ISO 31000」を例に解説
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集
ウェブサイト開設時に注意したいセキュリティのポイントを解説 - IPA
クラウド事業者が医療情報を扱う際の安全管理ガイドライン - パブコメを実施
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録