Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、セキュリティ対策ソフト「Internet Sagiwall」の関連事業を譲渡

セキュアブレインは、不正サイトを検知し、アクセスを防止するセキュリティ対策ソフト「Internet Sagiwall」の関連事業を、9月16日付けでBBソフトサービスへ譲渡した。

同ソフトは、ウェブブラウザ専用のセキュリティ対策ソフト。フィッシングサイトや改ざんサイトといった危険なウェブサイトへのアクセスをブロックする。

今回の譲渡にともない、ソフトウェアの使用許諾元、テクニカルサポート提供元が、BBソフトサービスへ変更となった。既存ユーザーは、継続してサービスを利用することができる。

事業譲渡後も、セキュアブレインでは同製品の検知エンジンの技術サポートについては、継続して提供するとしている。

(Security NEXT - 2011/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ