Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、持込端末やワーム感染端末を排除する手のひらサイズのアプライアンス

ソリトンシステムズは、持ち込み端末やワーム感染端末を検知し、ネットワークへの接続をブロックするアプライアンス製品「NetAttest LAP」を開発した。

110928ss_01.jpg
導入イメージ(図:ソリトンシステムズ)

端末のOSやセキュリティの準拠状況、マルウェア感染の検知機能などを備えた米ForeScout TechnologiesのIPS製品「CounterACT」との連携が可能な手のひらサイズのアプライアンス製品。

「NetAttest LAP」では、「CounterACT」において対応が難しかった多数セグメントや拠点における違反端末の接続検知やブロックが可能。分散配置によりポリシー違反をはじめ、ワーム感染端末の接続を拒否できる。

価格は10万2900円。10月31日より出荷を開始し、発売後1年間に3000台の販売を見込んでいる。今後同社では、ワールドワイドの展開を視野に、ForeScout Technologiesと協力しながら開発を進める予定。

(Security NEXT - 2011/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK