Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本事務器、暗号化したまま編集できる「S-Copシリーズ」を取扱開始

日本事務器(NJC)は、マイクロフォーサムのセキュリティ対策製品「S-Copシリーズ」の取り扱いを開始した。

取扱を開始したのは、マイクロフォーサムが開発した独自技術「S-Copマジックペーパー」を基盤とした2製品。同技術により暗号化したファイルを復号化せずに編集できる。ファイルごとに閲覧回数や期日、閲覧PC台数の指定や操作の制限が行える。

「S-Copセキュアキャビネット」は、文書管理システムで、ファイルを自動的に暗号化してサーバ領域に格納し、管理することが可能。オプションで持ち出しにも対応する。価格は1クライアントあたり月額3000円から。

一方、「S-Copポストマン」では、メールの添付ファイルを別途サーバに保存。受信者へサーバ経由で添付ファイルを受け渡すことができる。1クライアント月額2300円から。

(Security NEXT - 2011/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース