Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、DigiNotar問題へ対応した更新プログラム「KB2616676」を再リリース

マイクロソフトは、オランダの認証局DigiNotarによって不正証明書が発行された問題で、14日より更新プログラム「KB2616676」を提供しているが、修正をくわえて20日に再リリースした。

「KB2616676」は、DigiNotarのクロスサイン証明書の無効化のほか、累積的な更新として14日に公開されたプログラム。

9月7日に公開された「KB2607712」と置き換えられたが、「Windows XP」および「Windows Server 2003」向けに提供されたプログラムには、「KB2607712」や3月にComodoの不正証明書問題へ対応するため公開した「KB2524375」の更新が含まれていないことが判明し、修正を行ったという。

再リリースされたプログラムには、以前公開された「KB2524375」「KB2616676」「KB2607712」の更新を含み、すべてを適用している環境では再提供は実施しないとしている。また「Windows Vista」「Windows Server 2008」以降は影響を受けない。

(Security NEXT - 2011/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
「Ruby」に2件の脆弱性、アップデートで対応 - 「Ruby 2.5.x」は再修正
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
「Adobe Creative Cloudデスクトップアプリ」に脆弱性 - 更新がリリース
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース
「Apache Tomcat Native Connector」に2件の脆弱性
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託