Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2支店で顧客情報含む内部資料が所在不明 - 大東銀

大東銀行は、大槻支店と金屋支店において、あわせて307件の顧客情報が記載された内部資料を紛失していたことを明らかにした。

所在不明となっているのは、長期間にわたって取引がないため別管理とした預金口座の一覧表で、顧客307人の氏名、住所、口座番号、預金残高などが含まれる。

7月26日、大槻支店において顧客から口座解約の申し出があり、一覧表を確認しようとしたところ、紛失していることが判明。これを受けて全店調査を実施し、金屋支店での紛失が判明した。

同行では、内部資料のため外へ持ち出すことはなく、誤って行内で廃棄した可能性が高いと説明しており、不正利用も確認されていないという。

(Security NEXT - 2011/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市