Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、認証局攻撃多発受けてグループ会社の安全性を確認

日本ベリサインは、オランダの認証局DigiNotarをはじめ、他社認証局がサイバー攻撃の対象となっている事態を受け、同社の安全性について問題ないことをあらためてアナウンスした。

日本ベリサインによれば、8月末から発生している一連の問題を受け、グループ会社「VeriSign」「GeoTrust」「thawte」における調査を実施したが、いずれもすべてのサービスにおいて問題が生じていないことを確認したという。

また同社ではインターネット利用者に対し、ウェブブラウザを最新バージョンにアップデートすることや、ブラウザにおける「サーバ証明書の取消し/失効確認」の設定を有効化するなど、偽証明書対策を実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
「Ruby」に2件の脆弱性、アップデートで対応 - 「Ruby 2.5.x」は再修正
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
「Adobe Creative Cloudデスクトップアプリ」に脆弱性 - 更新がリリース
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース
「Apache Tomcat Native Connector」に2件の脆弱性
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託