Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール便3364件が未配達のまま3年以上放置 - ヤマト運輸

ヤマト運輸は、秋田支店管轄の事業所において、元委託配達員がクロネコメール便3364件を未配達のまま倉庫に放置していたことを明らかにした。

元配達員が生前に借りていた倉庫を所有者が調査した際、未配達のメール便が入った段ボール箱24個を発見。同社に連絡したことで判明した。

放置されたメール便は、2004年8月から2007年12月の間に発送された3364件。元配達員は、2007年12月に契約解除となっており、2008年10月に死亡している。

同社では問題発覚を受け、メール便の発送主に事情の報告と謝罪をを実施。今後の対応について個別に相談するとしている。

(Security NEXT - 2011/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
中学校で成績含む資料が約2カ月間放置状態に、生徒が発見 - 横浜市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市