Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTC、シマンテックのパートナープログラムで上位認定資格を取得を

シマンテックは、同社パートナープログラムにおいて、伊藤忠テクノソリューションズが国内初となる「マスタースペシャリゼーション」を取得したと発表した。

CTCは、情報の保護、保存、リカバリを統一プラットフォーム上で実現するネットバックアップを対象製品とした、「Data Protection」の同資格を取得したという。

シマンテックでは、2010年4月以降、ワールドワイドであたらしいパートナープログラムを展開。各ソリューションにおける技術者数などを基準に「スペシャリゼーション」を認定し、取得数により4段階のランクに再分類している。

「マスタースペシャリゼーション」は、特定のソリューション分野で高度なコンサルティング、技術、サービス技能を持つパートナー企業を認定した上位認定資格。

「マスタースペシャリゼーション」は、2010年11月5日に発表され、2011年4月より実施されたパートナープログラム強化において導入を開始している。

(Security NEXT - 2011/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
NRIとMS、「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」を設立
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
Kaspersky Labとインターポール、脅威情報共有の協定を更新
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
日本IBM、SIEM製品のパートナーを拡充
全銀協、ブロックチェーン連携でパートナー4社を選出
NICT、米MITREとセキュリティの研究協力で覚書