Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTC、シマンテックのパートナープログラムで上位認定資格を取得を

シマンテックは、同社パートナープログラムにおいて、伊藤忠テクノソリューションズが国内初となる「マスタースペシャリゼーション」を取得したと発表した。

CTCは、情報の保護、保存、リカバリを統一プラットフォーム上で実現するネットバックアップを対象製品とした、「Data Protection」の同資格を取得したという。

シマンテックでは、2010年4月以降、ワールドワイドであたらしいパートナープログラムを展開。各ソリューションにおける技術者数などを基準に「スペシャリゼーション」を認定し、取得数により4段階のランクに再分類している。

「マスタースペシャリゼーション」は、特定のソリューション分野で高度なコンサルティング、技術、サービス技能を持つパートナー企業を認定した上位認定資格。

「マスタースペシャリゼーション」は、2010年11月5日に発表され、2011年4月より実施されたパートナープログラム強化において導入を開始している。

(Security NEXT - 2011/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
IPA、早期警戒パートナーシップガイドラインの改訂案 - 脆弱性取扱を法的側面から整理
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開