Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTC、シマンテックのパートナープログラムで上位認定資格を取得を

シマンテックは、同社パートナープログラムにおいて、伊藤忠テクノソリューションズが国内初となる「マスタースペシャリゼーション」を取得したと発表した。

CTCは、情報の保護、保存、リカバリを統一プラットフォーム上で実現するネットバックアップを対象製品とした、「Data Protection」の同資格を取得したという。

シマンテックでは、2010年4月以降、ワールドワイドであたらしいパートナープログラムを展開。各ソリューションにおける技術者数などを基準に「スペシャリゼーション」を認定し、取得数により4段階のランクに再分類している。

「マスタースペシャリゼーション」は、特定のソリューション分野で高度なコンサルティング、技術、サービス技能を持つパートナー企業を認定した上位認定資格。

「マスタースペシャリゼーション」は、2010年11月5日に発表され、2011年4月より実施されたパートナープログラム強化において導入を開始している。

(Security NEXT - 2011/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
脆弱性見つかった6製品、開発者から応答なく未修正 - 利用中止呼びかけ
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
ジャコーレ、イスラエルのセキュリティ企業Bavilonと提携
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業