Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、DigiNotar問題で2度目の更新プログラム - クロスサイン証明書も削除

日本マイクロソフトは、オランダの認証局DigiNotarにおいて不正証明書が発行された問題で、9月7日に更新プログラム「KB260771」で同認証局が発行したルート証明書を削除したが、14日にあらたな更新プログラム「KB261667」を提供し、削除対象を拡大した。

14日に公開した「KB261667」は、7日の更新内容にくわえ、EntrustやCyberTrustにより署名を受けたDigiNotarのクロス証明書についても削除するプログラムとなっている。

「Windows Vista」以降は、証明書の有効性をインターネット経由で動的に確認する機能を備えており、参照先となるWindows Update上のデータも14日に更新した。

またなんらかの理由によりの動的に証明書を確認できない場合は、キャッシュを利用するため、不正証明書が利用されるおそれがあるとして、同社ではサポートしているすべての「Windows」「Windows Server」を対象に更新プログラムを提供している。

(Security NEXT - 2011/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「Adobe Creative Cloud」デスクトップ版に3件の脆弱性
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
ネットワーク対応学習リモコン向けAndroidアプリに脆弱性
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM