Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染や情報漏洩リスク依然高い「Winny」や「Share」 - 「Winny」上のアーカイブファイルは1割以上がマルウェア

日立グループのインシデントレスポンスチームであるHIRTは、ファイル共有ソフト上で流通するマルウェアの状況について調査を取りまとめた。

同調査は、総務省の委託事業「ネットワークを通じた情報流出の検知及び漏出情報の自動流通停止のための技術開発」の一環として、2010年12月から2011年1月にかけてサンプル調査を実施したもの。ファイル共有ソフト「Winny」と「Share」について調べた。

「Winny」では、ダウンロードするファイルにマルウェアが含まれている割合は3.7%で、27件に1件がマルウェアだった。アーカイブファイルに限定すると7件に1件とさらに割合が高かった。一方「Share」における割合は1.3%でいずれも大きな変化はなく、ウイルスの流通が定常化しているという。

「Winny」上では95.2%がアイコンを偽装。29.9%がファイル名を偽装していた。「Share」についてはファイル名の偽装が際立っており、72.2%%にのぼっている。

「Winny」では、72.9%が情報漏洩の原因となる暴露ウイルス「Antinny」や亜種だった。一方「Share」では32.4%と割合が下がる。一方ファイル感染ウイルスは、「Winny」において23.9%だが、「Share」において60.7%と大きな割合を占めていた。大半が2002年に登場した「PE_PARITE.A」だという。

同社は、流通するマルウェアの種類や割合に大きな変動は見られず、依然としてウイルス感染や情報漏洩の脅威があると指摘している。

(Security NEXT - 2011/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
ファイル共有ソフト、いまだに15万人が利用
著作権侵害事件、上半期の摘発は14件 - ACCS
ファイル共有ソフトのユーザー減少傾向続く - 「Winny」は約1万台強に
「Winny」などのファイル共有ソフト、今なお20万人が利用か - ネットエージェント調査
ACCSが2012年下半期の活動状況を報告 - 組織不正コピーの情報提供62件
ファイル共有ソフトのノード数が大幅減 - 改正著作権法の影響か
2012年のウイルス届出件数、14%減 - IPAまとめ
ウイルス対策ソフト導入は9割、一方セキュリティパッチ適用は4割
ACCS、摘発に協力した1年間の著作権侵害事件は83件 - 半数は「Share」関連