Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通エフサス、公開サーバのセキュリティ診断サービスを約70%値下げ

富士通エフサスは、公開サーバのセキュリティ強度を診断する「インターネットゾーンスキャンサービス」を値下げした。

110913ff_01.jpg
サービスイメージ

「インターネットゾーンスキャンサービス」は、DMZ上の公開サーバに対し、同社サービスセンターからリモートで擬似アタックを行い、診断結果や対策方法をレポートするサービス。

ルータ、インテリジェントスイッチ、ファイアウォール、ウェブサーバ、各種OS、ミドルウェアを対象に、ポートで稼動しているサービスの特定や、既知の脆弱性診断を実施。既存構成を変更したり、システムをあらたに導入せずに診断でき、約10営業日でレポートを提供する。

IP1件を対象に診断する場合、従来13万6500円だったが、4万2000円へ価格を改定。またIP3件を対象とする場合は、33万6000円から9万7650円に値下げしている。

(Security NEXT - 2011/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯