Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通エフサス、公開サーバのセキュリティ診断サービスを約70%値下げ

富士通エフサスは、公開サーバのセキュリティ強度を診断する「インターネットゾーンスキャンサービス」を値下げした。

110913ff_01.jpg
サービスイメージ

「インターネットゾーンスキャンサービス」は、DMZ上の公開サーバに対し、同社サービスセンターからリモートで擬似アタックを行い、診断結果や対策方法をレポートするサービス。

ルータ、インテリジェントスイッチ、ファイアウォール、ウェブサーバ、各種OS、ミドルウェアを対象に、ポートで稼動しているサービスの特定や、既知の脆弱性診断を実施。既存構成を変更したり、システムをあらたに導入せずに診断でき、約10営業日でレポートを提供する。

IP1件を対象に診断する場合、従来13万6500円だったが、4万2000円へ価格を改定。またIP3件を対象とする場合は、33万6000円から9万7650円に値下げしている。

(Security NEXT - 2011/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応