Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「スマホ利用時のセキュリティに不安」8割強 - 他人による位置特定は2割が懸念

スマートフォンユーザーの84.9%が、スマートフォン利用時のセキュリティに、なんらかの不安を感じていることがわかった。

マカフィーが、8月29日から翌30日にかけて、10代から60代のスマートフォンユーザー700人を対象に、インターネット上で調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

同社調査によれば、なんらかの不安を感じるユーザーは84.9%にのぼり、特に不安を感じないとするユーザーは、15.1%にとどまった。

110912ma_01.jpg
多くのユーザーがスマホ利用になんらかの不安(グラフ:マカフィー)

不安の内容を見ると、「マルウェア感染」が57.3%でもっとも多く、「紛失(47.7%)」「連絡先や写真といった個人情報の流出(41.1%)」が続く。「位置情報により他人に行動を特定されること」についても、21%が不安を感じていた。

また17.5%が何らかの被害経験を持っており、迷惑電話やメールなどの着信や受信が9.9%で1番多かった。マルウェア感染を経験したユーザーは2.7%、不正サイトへ誘導されたり、フィッシング被害に遭ったユーザーは2.1%だった。

約9割のユーザーがスマートフォンにおけるセキュリティ対策の必要性を感じており、具体的な対策としては「マルウェア対策」が67.3%で最多。次いで「データのバックアップ(37.8%)」「データのリストア(27.8%)」が多かった。

(Security NEXT - 2011/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー