Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米子会社のサーバに侵入された可能性 - GMOグローバルサイン

オランダの認証局DigiNotarを攻撃したと主張する人物が、他認証局に対しても攻撃を行ったとして犯行声明を出している問題で、GMOグローバルサインは、米国子会社であるGlobalSignのサーバが不正侵入を受けた可能性があることを明らかにした。

GMOグローバルサインでは、犯行声明を受けてシステムを一時停止し、影響など詳細を調べているが、中間報告として公表したもの。同社によれば、米GlobalSignのサイト「www.globalsign.com」を管理しているサーバが攻撃を受けたおそれがあることを確認したという。

GMOグローバルサインでは、現段階において、他認証システムや受発注システムなどへの侵入は確認されていないと説明。同社では、他認証局と協力しながら、引き続き検証を進めるとしている。

(Security NEXT - 2011/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致