Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入試成績情報が流出、学生が無断コピーして回覧 - 神戸大大学院

神戸大学大学院において、入学試験の成績情報189人分が流出していたことがわかった。学生が無断で複製していたという。

流出が判明したのは、2009年および2010年に実施した工学研究科博士課程における入学試験の成績表。受験者189人分の氏名や受検番号、成績などが含まれる。

8月5日、本来学生が所有することのない成績表が学生研究室で見つかり、これを受けて学生への聞き取り調査を行った結果、漏洩が判明した。

教員が研究室を施錠せずに放置した成績表や、キャビネットにあった鍵を利用して保管庫内の成績表を取り出し、無断でコピーしていたもので、複数の学生間で回覧していたという。入試成績が奨学金の申請に反映されるため、学生が成績を知ろうとしたと見られている。

同大学では、流出した成績表はすでに回収または廃棄されているとしており、成績情報の流出も合否判定後のため、結果への影響はないと説明している。また対象となる受験生への説明と謝罪を行うとともに、関係する学生や教員の処分を検討している。

(Security NEXT - 2011/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
高技専2校で生徒指導要録の紛失が判明 - 大阪府
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府