Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「カレログ」の改良版が公開 - マカフィーは懸念示すも検出対象から除外

8月末に登場し、プライバシー侵害に利用される可能性を指摘され、話題を集めたAndroid端末向けアプリ「カレログ」がバージョンアップした。

同ソフトを提供するマニュスクリプトによれば、最新版では、Android端末のメールアドレス登録が必須となり、外部利用者だけでなく、端末利用者にも確認メールなど送信される。また端末利用者もGPS情報が閲覧できるように改良したという。

当初マカフィーでは、「バージョン1.0.0」についてスパイウェアに分類。セキュリティ対策ソフトで「不審ソフト(PUP)」として検知するよう対応したが、機能が改良された「バージョン1.0.2」「バージョン1.1.0」については、検出対象から除外した。

ただし、同サービスを運営するマニュスクリプトに対して示した審査結果において、マカフィーは最新版についてもセキュリティ上の懸念事項を示している。

具体的には、「位置情報」 「バッテリー情報」「インストールされたアプリ一覧」といった情報がマニュスクリプトのサーバに送信されているが、その点について同意を得ておらず、未同意の状態で情報収集しているという。

マニュスクリプトでは、マカフィーの審査結果を受けてバージョンアップにより改善を進めていくとコメント。また認証を得ずに無断でインストールすることは違法行為となるおそれがあるとして、利用者に注意を促している。

(Security NEXT - 2011/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ