Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報が一時所在不明に、別の医者が持ち帰る - 福島県立医大

福島県立医科大学は、患者の個人情報298件含むハードディスクが一時所在不明になっていたことを明らかにした。

一時所在がわからなくなっていたのは、同大学医学部産科婦人科学講座の教員が所有するハードディスク。研究用に収集した患者298人の氏名、性別、年齢、生年月日、受診した診療科などの情報が保存されていた。

8月26日に付属病院内で紛失したが、その後9月7日に同病院内で発見された。同じ講座を担当する別の医師が誤って持ち帰っていたという。

同大学では対象となる患者に文書で謝罪をした。また持ち帰った医師に対し、ハードディスク内のデータ閲覧や外部流出などはしていないことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2011/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明 - 北里大学東病院