Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気携帯ゲームのデータ130万人分を改ざんした男性が逮捕

警視庁は、元派遣先に不正アクセスし、携帯電話向けオンラインゲームのデータを不正に改ざんしたとして、不正アクセス禁止法違反と電子計算機損壊等業務妨害の容疑で、都内在住のシステムエンジニア男性を逮捕した。

同男性は、5月にグリーが提供しているオンラインゲーム「コーデマニア」の開発会社のサーバへ不正にアクセスし、同ゲームのユーザー130万人分のデータを改ざんするなど業務を妨害した疑いが持たれている。

逮捕された男性は、以前開発会社で派遣社員として勤務。供述によれば、業績評価に不満を持っており、契約終了前に不正アクセスするためのプログラムを設置していたという。

(Security NEXT - 2011/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス