Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PayPal偽装のフィッシングサイトが稼働中 - ドメインの一部に「paypal」の文字列

フィッシング対策協議会は、「PayPal」を装ったフィッシングメールが出回っており、日本語で記載されたサイトも稼働しているとして注意喚起を実施した。

110908pc_01.jpg
発見されたフィッシングサイト

同協議会によれば、問題のフィッシングメールは、「Notification」「Important, please read !」といったタイトルで送信されており、アカウントの確認が必要として不正サイトへ誘導するという。メールの本文は英文で記載されていた。

同協議会では、誘導先フィッシングサイトのURLを複数把握しており、日本語で作成されたサイトもあった。ドメイン名の一部に「paypal」の文字列を用いることで、正規サイトに見せかけたケースも確認している。

9月8日14時の時点で、一部フィッシングサイトが稼働中であり、同協議会では、同サイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼している。

同協議会では、誤って個人情報を提供しないよう注意を呼びかけるとともに、類似したメールを発見した場合は、同協議会まで通報するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2011/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開