Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルマルウェアが13.8倍に、大半はAndroid狙い - G Dataまとめ

G Data Softwareは、2011年上半期のマルウェア動向について取りまとめた。前期からWindows関連のマルウェアは1.5倍、モバイルマルウェアは13.8倍に増加したという。

レポートによれば、2011年上半期に確認された新種マルウェアは124万5403種。2011年通年で約250万種に達すると同社は予測している。2010年の約210万種から1.2倍となり、12秒に1件の新種マルウェアが発生していた。

新種マルウェアをOS別に見ると、Windows関連が全体の99.5%を占めて圧倒的に多く、2010年下半期から1.5倍になっている。今期の傾向としては、「トロイの木馬」が依然として多数を占める状況。「ダウンローダー」と「バックドア」が続いた。

またモバイルマルウェアの急増が目立っている。確認された新種マルウェアは803件で、前期の55件から13.8倍に拡大した。その大半はAndroidを標的としたもので、なかでも5月に大規模な感染が確認された「Zsone」は、中国の高額通信サービスにSMSを送信していた。

またGoogle++と呼ばれるマルウェアの亜種「NickiBot」は、通話を記録したりGPSの追跡データを送信するなど、感染者をスパイする機能を持つ。同社では、下半期にはAndroidを狙ったマルウェアはさらに増加すると予測している。

(Security NEXT - 2011/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強