Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホームレス自立支援施設入所者の個人情報を誤ってアップロード - 名古屋市委託先

名古屋市のホームレス自立支援施設に入所していた1284人の個人情報が、2年以上にわたりインターネット上で閲覧可能だったことがわかった。

ネット上に公開されていたのは、同市中区所在のホームレス緊急一時宿泊施設「名城公園宿泊所」に、2004年5月10日から2009年5月9日までの間に入所した1284人の氏名、性別、部屋番号など。

8月24日に元入所者の親族から連絡があり判明したもので、2009年5月9日ごろから指摘を受けた2011年8月24日までインターネット上で閲覧できる状態だった。

同市によれば、施設の運営を委託している有隣協会の職員が、2009年5月から7月にかけてホームページを作成する際、宿泊所と協会本部の間でデータのやり取りするためにホームページ作成ソフトを使用。

入所者名簿のやりとりについても同ソフトを利用したが、職員はデータがインターネット上に公開され、検索エンジンに登録されるおそれがあることを認識していなかったという。

同協会では判明後データの削除を実施。対象者への謝罪を行っている。同市では個人情報の適正管理について指導を徹底する。

(Security NEXT - 2011/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器
人事採用管理システムのバックアップが外部から閲覧可能に - パーソルキャリア
仲介事業者情報へ外部からアクセス - 飯田産業
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
ピアノコンクールサイトで申込者の身分証明書など閲覧可能に - 河合楽器
似顔絵コンテスト応募者の個人情報が閲覧可能に - 山口街中