Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネット協会、セキュリティ研究者の海外進出を支援 - 「Black Hat」の論文応募をサポート

インターネット協会は、国内のセキュリティ研究者や技術者による論文発表を支援する活動を開始する。

すぐれた人材の発掘を目的とした活動の一環で、国際セキュリティ会議「Black Hat Conference」への論文応募を支援したり、国内における論文発表の場を提供する。

同協会では、最初の試みとして9月12日に「Black Hat」への論文応募に関する説明会を都内にて開催する。応募締め切りは9月9日。定員は25名で定員になり次第締め切る。

講師は、フォティーンフォティ技術研究所代表取締役社長で、「Black Hat」において応募論文を審査するレビューボードの鵜飼裕司氏が担当。提出する論文に関するアドバイスを提供する。

(Security NEXT - 2011/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
「Outlook」の脆弱性、メールプレビューで情報漏洩 - パスワードクラックのおそれも
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料