Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネット協会、セキュリティ研究者の海外進出を支援 - 「Black Hat」の論文応募をサポート

インターネット協会は、国内のセキュリティ研究者や技術者による論文発表を支援する活動を開始する。

すぐれた人材の発掘を目的とした活動の一環で、国際セキュリティ会議「Black Hat Conference」への論文応募を支援したり、国内における論文発表の場を提供する。

同協会では、最初の試みとして9月12日に「Black Hat」への論文応募に関する説明会を都内にて開催する。応募締め切りは9月9日。定員は25名で定員になり次第締め切る。

講師は、フォティーンフォティ技術研究所代表取締役社長で、「Black Hat」において応募論文を審査するレビューボードの鵜飼裕司氏が担当。提出する論文に関するアドバイスを提供する。

(Security NEXT - 2011/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
Intelのリモート管理機能に複数の脆弱性 - リモートからコード実行のおそれ
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
3年ぶりのバグハンター合宿で脆弱性36件を発見 - サイボウズ
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
「WordPress 4.8.3」が公開 - 修正不十分だった「SQLi脆弱性」に対応
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正
Apple、キーチェーンのパスワードが漏洩する脆弱性へ対処