Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

違法行為ほのめかす従業員のTwitter書き込みについて釈明 - 日本新薬

日本新薬は、従業員が行った違法行為をほのめかすTwitterへの書き込みについて釈明し、業務外だが一部不適切な行為があったとして謝罪した。

問題の書き込みは8月29日に行われたもので、同社従業員が睡眠薬を薬局から不正に入手し、宴会の席で酒に入れて別の従業員に飲ませたとする内容。インターネット上で話題となっていた。

同社では、書き込みを行った従業員について、実際に行為を目撃したのではなく、別の従業員の話を聞いて書き込んだものであると釈明。

調査の結果、2009年5月に私的に行われた宴会で、同社従業員が別の従業員2名の酒に1錠ずつ入れて飲ませたことが判明したが、治療の為に医療機関から処方されたものであるとして不正入手の疑惑を否定した。飲まされた従業員も健康への被害はなかったという。

同社は、業務外だが製薬企業の従業員として不適切な行為だったとして謝罪。関係者の処分を行うほか、教育の徹底を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2011/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
「WordPress」向けBestWebSoft製プラグイン51種にXSSの脆弱性
KDDIを装う「緊急速報」メールに注意 - auが呼びかけ
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
研究者のTwitterアカウントなどが乗っ取り被害 - PW使い回しが原因か
フィッシング対策協議会、サイト改ざんについて中間報告 - 原因特定できず
ランサムウェア「Petya」の復号化キー作成ツールが公開