Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信防止製品「Active! gate」が暗号化機能を強化

トランスウエアは、メール誤送信防止製品「Active! gate」の添付ファイル暗号化機能を強化した。

同製品は、送信メールの一時保留、添付ファイルの暗号化やウェブ経由によるダウンロード方式への変更、BCC強制変換、送信拒否、時間差配信といった機能を備えたメール誤送信防止ソリューション。オプションにより上司承認機能も追加できる。

今回の機能強化では、添付ファイルの暗号化方式に「AES」と「7-Zip」を追加。標準で「Zip」「Zip(AES128ビット)」「Zip(AES256ビット)」「7-Zip」「7-Zip(ファイル名も暗号化)」「7-Zip(自己解凍)」の6パターンから暗号化方式が選択できるようになった。

また最新版では、利用者が暗号化方式を変更したり追加することが可能。独自の暗号化方式の追加にも対応した。

価格は、50ユーザーで企業向けのスタンダードライセンスが28万3500円から。教育機関向けのアカデミックライセンスが18万9000円からとなっている。

(Security NEXT - 2011/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調