Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニー、情報セキュリティ責任者にPhilip Reitinger氏を起用

ソニーは、セキュリティ責任者に元米政府機関セキュリティ担当者を迎える役員人事を発表した。

同社業務執行役員SVPチーフインフォメーションセキュリティオフィサー(CISO)に、Philip R. Reitinger氏を起用したもの。同氏は、米国において国土安全保障省、国防総省、司法省といった政府機関や米Microsoftにおいて情報セキュリティを担当した経歴の持ち主。

同氏は、同社のグローバル情報セキュリティを担当するとともに、関係者と協調し、ソニーグループ全体のセキュリティ対策、個人情報保護を推し進める。

(Security NEXT - 2011/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ
委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
【特別企画】企業のIoTセキュリティとスマホをテーマに講演会 - JSSEC
男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
「PlayStation Networkへログインできない」との相談増加 - 「パスワードリスト攻撃」原因か
ソニーのビデオ会議システムに脆弱性 - アップデートが公開
ソニーの業務用ネットワークカメラに脆弱性 - システム権限奪取されるおそれ
ソニーに不正アクセス、他社アカウント情報用いた「なりすまし攻撃」 - 有効アカウント9万3000件が一致