Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニー、情報セキュリティ責任者にPhilip Reitinger氏を起用

ソニーは、セキュリティ責任者に元米政府機関セキュリティ担当者を迎える役員人事を発表した。

同社業務執行役員SVPチーフインフォメーションセキュリティオフィサー(CISO)に、Philip R. Reitinger氏を起用したもの。同氏は、米国において国土安全保障省、国防総省、司法省といった政府機関や米Microsoftにおいて情報セキュリティを担当した経歴の持ち主。

同氏は、同社のグローバル情報セキュリティを担当するとともに、関係者と協調し、ソニーグループ全体のセキュリティ対策、個人情報保護を推し進める。

(Security NEXT - 2011/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
「PlayStation Networkへログインできない」との相談増加 - 「パスワードリスト攻撃」原因か
ソニーのビデオ会議システムに脆弱性 - アップデートが公開
ソニーの業務用ネットワークカメラに脆弱性 - システム権限奪取されるおそれ
ソニーに不正アクセス、他社アカウント情報用いた「なりすまし攻撃」 - 有効アカウント9万3000件が一致
「Apache Cordova」に複数の脆弱性 - 作成したAndroidアプリに影響
Mac OS X向けアップデートで135件の脆弱性を解消 - Safariの脆弱性27件も
「iOS 8.4.1」がリリース、脆弱性71件を解消 - 国内専門家の報告にも対応
プレステ20周年記念キャンペーン、応募者情報を誤って消去