Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android端末のセキュリティ対策ソフト導入率は3割弱 - 不安感じるユーザーは半数超

Android端末を利用するユーザーの半数以上がセキュリティ上の不安を感じつつも、セキュリティ対策ソフトの導入が進んでいないことがMM総研の調査でわかった。

同社がスマートフォン利用者2000人を対象にモニターアンケートを実施したもの。セキュリティの心配や不安について尋ねたところ、53.8%が「セキュリティの不安や心配がある」と回答。「セキュリティの不安や心配がない(17.8%)」との回答を大きく上回った。

その一方で、セキュリティ対策ソフトの導入が遅れている。セキュリティ対策のため有料アプリを利用しているユーザーはわずか4.2%にとどまり、無料アプリのユーザー23.6%をあわせても、27.8%と3割に及ばなかった。

(Security NEXT - 2011/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開