Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android端末のセキュリティ対策ソフト導入率は3割弱 - 不安感じるユーザーは半数超

Android端末を利用するユーザーの半数以上がセキュリティ上の不安を感じつつも、セキュリティ対策ソフトの導入が進んでいないことがMM総研の調査でわかった。

同社がスマートフォン利用者2000人を対象にモニターアンケートを実施したもの。セキュリティの心配や不安について尋ねたところ、53.8%が「セキュリティの不安や心配がある」と回答。「セキュリティの不安や心配がない(17.8%)」との回答を大きく上回った。

その一方で、セキュリティ対策ソフトの導入が遅れている。セキュリティ対策のため有料アプリを利用しているユーザーはわずか4.2%にとどまり、無料アプリのユーザー23.6%をあわせても、27.8%と3割に及ばなかった。

(Security NEXT - 2011/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google Play」で人気アプリ装うソーシャルエンジニアリング - 開発者名を悪用
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演