Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2011年上半期の新種マルウェアは1200万件 - 年間2000万件に達する可能性も

マカフィーは、2011年上半期のマルウェア活動が過去最悪となり、前年同期と比較して22%増となる約1200万件を検出したことをあきらかにした。

同社が、2011年第2四半期における脅威の状況を取りまとめたもの。2011年中に発生するあらたなマルウェアは2000万件にのぼり、7500万件に到達する可能性もあると同社では予測を示した。

攻撃手法としては、マルウェアをルートキットに隠す手法が目立っている。2011年上半期に検出された「ステルスマルウェア」は前年同期から38%上昇し、「Koutodoor」「TDSS」が活発だった。

同社シニアバイスプレジデントのVincent Weafer氏は、ステルスマルウェアが組織に侵入し、長時間にわたり被害に気がつかないケースがあると危険性を指摘している。

またはじめて偽セキュリティ対策ソフトが検出されるなど、利用が進むMac OS Xが攻撃対象となりつつあるとして、同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者