Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策ソリューション「TotalSecurityFort」の最新版がリリース

日本ファインアートは、情報漏洩対策ソリューションの最新版「TotalSecurityFortバージョン4.0」を発売した。

同製品は、ソフトウェアや外部デバイス、ネットワークの制御、ログ収集機能、ハードウェアの変更検知機能など備えた情報漏洩対策ソリューション。

ログ収集を目的とした「ログパック」や、外部デバイスの制御を行う「エントリーパック」など用途に応じて導入でき、すべての機能が利用できる「エンタープライズパック」も用意している。

最新版では、64ビット版OSに対応。クライアントPCにおけるセキュリティ状況を管理者が確認できる機能を追加した。パスワードの設定や自動再生機能の状態など詳細を参照できる。

また登録済みのデバイスや仮想デバイスの制御に対応。「Microsoft Exchange」「Lotus Notes」によるメール送信ログの取得が可能となった。さらに省電力設定機能を搭載した。

(Security NEXT - 2011/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売
エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供